2013年4月25日

ニュー・トロルス、伝説の全盛期メンバーが集まり37年ぶりとなる『コンチェルト・グロッソ3』をリリース

TOP_JK
オンラインストア
アマゾン

ニュー・トロルス・ウィズ・ルイス・バカロフ『コンチェルト・グロッソ3』
◎ニュー・トロルス(New Trolls)、伝説の全盛期メンバー(ヴィットリオ(Vittorio De Scalzi)、ニコ(Nico Di Palo)、ジャンニ(Gianni Belleno)、ジョルジョ(Giorgio D’Adamo)が集まり、なんとルイス・・エンルケ・バカロフ(Luis Enriquez Bacalov)と生のオーケストラを交えて、37年ぶりとなる『コンチェルト・グロッソ3(Concerto Grosso N3)』をリリースした。ファンが待ち望んでいた夢の企画であろう。彼らの活動は伝わってきていたが、ジョルジョの病気で継続は無理かと思われたが、無事カムバックし新作を制作するとは誰が想像し得ただろうか。しかもあの名作の続編だ。この布陣での来日公演を期待したい。

これまでの作品と比べると時代を反映した明るめのポジティヴなサウンドとなっている。より『コンチェルト・グロッソ2』(下段写真)を洗練させた感じだ。叙情的で艶やかな旋律はバカロフが指揮するオーケストラとともに美しく優雅に舞い上がり、慈愛溢れる力強いメロディは明日を生きるための糧となる力強さを与えてくれる。退廃的だった『コンチェルト・グロッソ(1)』(下段写真)の泣きの旋律も素晴らしかったが、本作には彼らが未だに現役であるという意志を強く感じさせ、繰り返し聴くことでより素晴らしさが伝わってくる。紙ジャケ、SHM-CD仕様、1曲目のインスト・ヴァージョンをボーナス収録。 [祖父尼 淳/SD163]

『Concerto Grosso Per I』Fonit Cetra / LPX 8 / 1971
『Concerto Grosso N°2』Fonit Cetra / PL 648 / 1976

New Trolls Official Web Site: http://www.newtrolls.it/