2013年5月7日

ジェネシスとそのアートワーク、そしてアナログ盤の素晴らしさを伝える一冊!

『ジェネシス・アナログ盤・ガイドブック』
◎ジェネシス(Genesis)とメンバーの各ソロ作品、そして彼らの関連アルバムの多くは“ロック・ミーツ・アート”の時代に制作されています。したがってアルバム・ジャケットへの想いは強く、個性豊かな様々なデザイナーが彼らの作品を彩っています。ポール・ホワイトヘッド(Paul Whitehead)、ヒプノシス(Hipgnosis)、キム・プア(Kim Poor)、ピーター・クロス(Peter Cross)などのクリエイターが作品内容とリンクした、そして時にはその内容を越えてしまうような素晴らしいアートワークをインナー・スリーヴやレーベル・デザインともに関連付けることによって、トータリティを導き出し、音楽にヴィジュアルという愉しみを与えてくれています……。本アナログ盤ガイドはアナログ盤愛好家はもちろん、アナログ盤世代ではない方々にも観て楽しんでいただける内容の一冊となっています。



[掲載内容]
第1章:ジェネシス・アルバムズ
第2章:ジェネシス・コンピレイション&オムニバス・アルバムズ
第3章:ジェネシス・7インチ・シングル
第4章:ジェネシス・12インチ・シングル
第5章:各メンバーのソロ・アルバム
○収録アーティスト
Genesis, Peter Gabriel, Anthony Fhillips, Mike Rutherford, Mike+Mechanics, Tony Banks, Flaming Youth, Brand X, Phil Collins, The Quiet Woirld, Steve Hackett, and More….