2013年5月24日

英ジャズ・ロックの最高峰 “ソフト・マシーン”の紙ジャケ&Blu-spec CD2コレクションがリリースされる!

top_3
オンラインストア
アマゾン

◎今もなお脈々と流れるカンタベリー・シーンにおける最重要バンド、“ソフト・マシーン(Soft Machine)”がColumbiaレーベルに残した5作品(『3(Third)』から『セヴン(Seven)』)を紙ジャケット&高音質CD(Blue-spec CD2)でリイシューされることが決定した(2013年6月26日発売)。

ソフト・マシーンは1966年、イギリスのカンタベリー地方でデヴッド・アレン(David Allen)、ロバート・ワイアット(Robert Wyatt)、マイク・ラトリッジ(Mike Ratledge)により、結成された伝説のグループ。彼らが繰り広げるサウンドはどれをとっても“ソフト・マシーン”という意匠を強く感じさせる。その活動は70年代後期に一旦は終焉を迎えるが、90年代以降、数多くの音源が発掘され続け、特に近年の再評価の動向が著しいなか、ソフト・ワークスそして、ソフト・マシーン・レガシー(Soft Machine Legacy)として再始動し、今年2013年には最新作『Burden Of Proof』をリリースしたばかりだ。

また、ユニバーサルよりファースト・アルバム(『ソフト・マシーン』)が紙ジャケ&SHM-CDで同時発売されることも決定しており、英ジャズ・ロックの最高峰“ソフト・マシーン”を聴きかえす良い機会となりそうだ。

CD:『4』から『セヴン』SICP-30164からSICP-30167※同時発売


Third / Soft Machine
2013年6月26日リリース
[2CD,紙,限定]※Blu-spec CD2,1970年発表(ソニー / SICP-30162~3)

Disc 1:
1. Facelift
2. Slightly All The Time
3. Moon In June
4. Out-Bloody-Rageou
Disc 2:
1. Out-Bloody-Rageou(Live)
2. Facelift(Live)
3. Esther’s Nose Job