2013年6月5日

英国を代表する気品溢れるレジェンド・バンド、ルネッサンスが13年ぶりとなるニュー・アルバムをリリースした!

top_re_cd
オンラインストア
アマゾン
iTunes

ルネッサンス『消ゆる風』
◎英国を代表する気品溢れるレジェンド・バンド、ルネッサンス(Renaissance)。アニー・ハズラム(Annie Haslam/ヴォーカル)とマイケル・ダンフォード(Michael Dunford/ギター)が揃って2010年におこなった来日公演の素晴らしさとその時初披露された本作収録の8曲目に驚嘆したことも記憶に新しいなか、13年ぶりとなる新作『消ゆる風(Grandine Il Vento)』(右写真)がリリースされた。

再来日公演も期待されていたがメイン・ソングライターのマイケル・ダンフォードが2012年11月、ツアーの合間に倒れ帰らぬ人となってしまった。本作は2012年6月よりレコーディングが開始され、ほぼ完成していたが多少の手を加え彼に捧ぐ追悼作としてリリースされた。イアン・アンダーソンやジョン・ウェットンをゲストに迎え、70年代の全盛期(『運命のカード(Turn Of The Cards)』や『シェエラザード夜話(Scheherazade And Other Stories)』※下段写真)を彷彿させるルネッサンスらしい優雅で気品に満ちた傑作に仕上がっている。アニーの美しい声も健在でクラシカルで憂いを帯びた叙情性はまさにファンが待ち望んでいたルネッサンスの復活といえるものだ。マイケルの死が悔やまれてならない。オープニングとラストの大曲、その間にちりばめられた珠玉の楽曲の素晴らしさに涙してしまう。傑作。 [祖父尼 淳/SD164]

Album:『Turn Of The Cards』1974年/『Scheherazade And Other Stories』1975年

Official: http://renaissancetouring.com/