2013年6月20日

2013年11月、ボズ・スキャッグスが7年ぶりとなる単独来日公演を行なうことが決定した!

TOP_silk
オンラインストア
アマゾン
iTunes

《ボズ・スキャッグス:THE MEMPHIS TOUR》
2012年、マイケル・マクドナルド(Michael McDonald)、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)と結成した“ザ・デュークス・オブ・セプテンバー(The Dukes Of September Rhythm Revue)”の素晴らしい来日公演もまだまだ、記憶に新しいところだが、2013年11月にボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)が単独来日公演を行なうことが決定した! 今年3月のリリースされた最新アルバム『メンフィス(Memphis)』(下段写真)では、タイトルからも伺えるように、ソウルやR&Bという自らのルーツ・ミュージックに立ち返った好作品をリリースしてくれただけに、往年のファンにとっても今回の来日公演の内容に期待が膨らんでしまう。

ボズ・スキャッグスは1967年サンフランシスコを彩った、フラワームーヴメントのから出現したスティーヴ・ミラー・バンド(Steve Miller Band)に加入、1969年にはアトランテック・レコードから、デュアン・オールマン(Duane Allman)をゲストに迎えた、サザン・ロックの名作ソロ『ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)』でソロ・デビューを果たす。ブルース色が強かったボズだが、1974年に発表した『スロー・ダンサー(Slow Dancer)』でニュー・ソウルを取り入れた、都会的な洗練されたサウンドに変貌。1976年には超名盤『シルク・ディグリーズ(Silk Degrees)』(右上写真)を発表し彼の代名詞ともいわれるAORサウンドは時代を席巻することになる。その後も『ダウン・トゥ・ゼン・レフト(Down Two Then Left)』『ミドル・マン(Middle Man)』といったアルバムをコンスタントに発表していった。

その後はR&B色がより濃く表に出た『カム・オン・ホーム(Come On Home )』(1997年)、ジャズ・カルテットをバックにスタンダード・ソングを歌ったバラード・ジャズ・アルバム『バット・ビューティフル(But Beautiful)』(2003年)。2008年にはブルースやR&Bなどをルーツとしたサウンドを演出した『スピーク・ロウ(Speak Low)』など彼のキャリアを総括するような作品を発表しつづけている。前出の最新アルバム『メンフィス』といい、まさに彼のキャリアの円熟期は今なのかもしれない。

Album『Memphis』(2013年)

Official: http://www.bozscaggs.com/

《BOZ SCAGGS/THE MEMPHIS TOUR》

〈東京公演〉
◎日程:2013年11月18日(月)、19日(火)
◯会場:渋谷公会堂
◯開場/開演:18:30 open/19:00 start
◯料金:S席・9,500円/A席・8,500円(指定席/税込)
○主催:J-WAVE ○後援:tvk
◯お問い合せ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 http://udo.jp/

〈大阪公演〉
◎日程:2013年11月20日(水)
◯会場:あましんアルカイックホール
◯開場/開演:18:15 open/19:00 start
◯料金:S席・9,500円/A席・8,500円(指定席/税込)
○主催:FM802/FM COCOLO
◯お問い合せ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506

〈名古屋公演〉
◎日程:2013年11月22日(金)
◯会場:名古屋市公会堂
◯開場/開演:18:30 open/19:00 start
◯料金:S席・9,500円/A席・8,500円(指定席/税込)
◯お問い合せ:CBC事業部 052-241-8118

〈広島公演〉
◎日程:2013年11月24日(日)
◯会場:広島上野学園ホール
◯開場/開演:17:00 open/17:30 start
◯料金:S席・9,500円/A席・8,500円(指定席/税込)
○主催:広島ホームテレビ/広島エフエム放送
◯お問い合せ:夢番地 082-249-3571

※チケットの発売など詳細は以下のURLのページにて
http://udo.jp/Artists/BozScaggs/index.html

協力:日本コロムビア
招聘:ウドー音楽事務所
総合お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999