2013年6月27日

80年代にピエール・モエルランが在籍した、スウェーデンのシンフォニック・プログレッシヴ・ロック・グループ“Tribute”のセカンド・アルバムがデジタル・リマスターされ再発される(輸入盤)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オンラインストア
アマゾン

◎80年代に活躍した、スウェーデンのシンフォニック・プログレッシヴ・ロック・グループ“Tribute”のセカンド・アルバム『Breaking Barriers』がデジタル・リマスターされ2013年8月6日に再発されるようだ。トリビュート(Tribute)は、2人作曲家/コンポーザーのGideon AnderssonとChrister Rhedinによって1982年に結成される。1984年にファースト・アルバム『New Views』を発表。そして、1986年に本作セカンド・アルバム『Breaking Barriers』(※右上写真)を発表した。トリビュートの楽曲はインストゥルメンタルが中心で、元ゴング(Gong)、マイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)で活躍した、ドラマー、ピエール・モエルラン(Pierre Moerlen)が参加しており、ビブラフォン、マリンバ、ティンパニなど古典的な打楽器が繰り出すリズム、複雑なリフとメロディが最大の特徴なのもうなずける。エキゾチックなサウンドを押し出したジャズ・フュージョン的なアプローチをみせた好盤となった。なお、ピエール・モエルランはピエール・モエルランズ・ゴング(Pierre Moerlen’s Gong)でアルバム『Breakthrough』(※下段写真)を同1986年にリリースしている。

Album: Pierre Moerlen’s Gong『Breakthrough』


Breaking Barriers
TRIBUTE
2013年8月6日
Sireena Records / SIR2115
[CD]※輸入盤

1. Breaking Barriers
2. Steamlined
3. Dieselengine
4. A Kumma Ki Yidi
5. Scottish Mystery
6. Leaves Are Falling
7. I Felt Like It