2013年7月22日

ジョー・サトリアーニが2年半ぶり14枚目のオリジナル・アルバム『アンストッパブル・モメンタム』をリリース!

TOP_Unstoppable-M
オンラインストア
アマゾン
iTunes

ジョー・サトリアーニ『アンストッパブル・モメンタム』
◎ふくよかで温かみのあるフレーズが神懸かり的に連鎖する1作である。ミドル・テンポで余白を残しつつ、音が抜けていく時間と場所を作る。叙情的という平凡な表現では到底言い表せない、ゆったりと統率されていくギター・メロディがとにかく心地よい。ヴァラエティに富むが、そのヴァラエティは全てジョー・サトリアーニ(Joe Satriani)自身のアイデンティティとして結集される。攻めても引いても彩っても、全てはジョーならではの個性となる。言葉は悪いが、ギター・インスト系の自意識炸裂一本調子野郎のような傲慢なプレイから絶対的に距離をとっているのに、むしろその手の作品よりも、どの断面を切り取っても彼のプレイでしかありえないという主張が漂う。(もう何度目か分からないけれども)そのことを強く教えてくれる作品。本作で叩いているのはザッパやジェフ・ベックで叩いてきたヴィニー・カリウタ(Vinnie Colaiuta)。ベーシストのクリス・チェイニー(Chris Chaney)とのリズム・セクションが作るグルーヴ感はこの豊かなヴァリエーションの確かな担保になっている。チキンフット(Chickenfoot)での活動はレッチリのチャド・スミス(Chad Smith)の本業もあってしばし休止か。ならば単独来日を希望。[武田砂鉄/SD165]

 Official: http://www.satriani.com/splash/
http://www.sonymusic.co.jp/artist/JoeSatriani/