2013年7月25日

1970年代アメリカン・パワーポップ・バンドの中で唯一来日を果たしていなかったバンド、“ペズバンド”が遂に日本にやってくる!

top_Laughing_CD

◎1970年代アメリカン・パワーポップ・バンドの中で唯一来日を果たしていなかったバンド、ペズバンド(Pezband)が遂に日本にやってくる。来日メンバーは、71年のバンド結成時のオリジナル・メンバーでもあるミミ・ベティニス(Mimi Betinis/ボーカル・ギター)、ミック・レイン(Mick Rain/ドラムス,ヴォーカル)、ジョン・パズダン(John Pazdan/ベース,ヴォーカル)の3人。ザ・フーやヤードバーズ、ザ・キンクスなどをはじめとするブリティッシュ・ビートから多大な影響を受けたそのサウンドはまさにパワーポップの王道といえるものだ!

ペズバンドはチープ・トリックやシューズなどを輩出したイリノイ州シカゴで活動を始める。1977年にパスポート・レーベルからデビュー・アルバム『ペズバンド(Pezband)』をリリースする。彼らの残した3枚のアルバムの中で最もポップ度が高い作品だ。翌1978年のセカンドはニック・ロウやエルヴィス・コステロのマネージャーとして知られるジェイク・リヴィエラ(Jake Riviera)が彼らの音楽性を気に入りセカンド『ラフィング・イン・ザ・ダーク(Laughing In The Dark)』(※右上写真)は、ジェイク・リヴィエラ主宰のレーダー・レコードからのリリースとなった。英国録音され、ポップなメロディを支えるサウンドはタイトでシャープなパンク色が強く押し出されたものになった。英国で支持されたこともあって、英国のみの宣伝用ライヴEP『トゥー・オールド・トゥー・スーン(Two Old Two Soon Live At Dingwalls!)』もリリースしている。1979年のサード・アルバム『カヴァー・トゥー・カヴァー(Cover To Cover)』はポップなメロディとハードなサウンドのバランスが絶妙な作品で、パワー・ポップ・ファン納得の一枚だろう。残念ながらこのサードを最後にパスポートとの契約が終了してしまう。メンバー・チェンジを経て活動は続けられたが、1983年にはグループも解散。しかし、1990年代のパワー・ポップ・ブームにより再度注目をされ、2006年頃から活動を再開していたが、2013年10月の来日公演が急遽決定した。パワーポップ・アンセムとして人気の高いナンバー「Baby It’s Cold Outside」や「Stop! Wait A Minute」が、2013年の日本で遂に生で聴ける!!

Official Facebook: https://www.facebook.com/Pezband?fref=ts/


《PEZBAND JAPAN TOUR 2013》 
[来日メンバー]
Mimi Betinis (Vocals & Guitars)
Mick Rain (Drums & Vocals)
John Pazdan (Bass & Vocals)

◎日程:2013年10月13日(日)
◯会場:東京 新宿JAM
◯開場/開演:18:00 open/19:00 start
○料金:前売・3500円/当日・4000円(共にドリンク代別途)
○お問い合わせ先:エアー・メイル・レコーディングス(03-5357-3034)

◎日程:2013年10月14日(月・祝)
◯会場:京都 拾得
◯開場/開演:17:30 open/18:30 start
○料金:前売・2000円/当日・2500円(共にドリンク代別途)
○お問い合わせ先:拾得(075-841-1691)

◎日程:2013年10月16日(水)
◯会場:札幌 Spiritual Lounge
◯開場&開演:20:00 open&start
○料金:前売・2000円/当日・2500円(共にドリンク代別途)
○お問い合わせ先:Teenarama! (011-233-0569)

◎日程:2013年10月17日(木)
◯会場:東京 新宿JAM
◯開場/開演:18:30 open/19:30 start
○料金:前売・3500円/当日・4000円(共にドリンク代別途)
○お問い合わせ先:エアー・メイル・レコーディングス(03-5357-3034)

◎来日に関する総合問い合わせ:エアー・メイル・レコーディングス(03-5357-3034)
http://www.airmailrecordings.com/