2013年1月19日

カロミトのメンバーによる新ユニット

アパレチドス『パリトゥ・ボムボン・ヘラド』

アパレチドス『パリトゥ・ボムボン・ヘラド』
APARECIDOS『Palito Bombon/Helado』

今月はユニヴェル・ゼロの初期傑作4作が紙ジャケでリイシューされるなど、チェンバー・ロック系のファンにとってはうれしくも財布の中身が心配な月でもあるが、もう1枚聞き逃してはもったいない佳作を紹介しよう。チェンバー系の新星として注目されたイタリアのカロミトのメンバー2人も参加している新ユニットで発売元はそのカロミト(Calomito)もリリースしているAltrock だ。アコギ、コントラバス、ヴァイオリン、アコーディオン(ゲスト)、ギター、ドラムスというのが基本編成で、想像できる通りアコースティックな質感が中心になっていて、ノスタルジックなフォークやうっすらとしたラテン風味など、他とは一線を画するサウンドを指向しているのが頼もしい。曲やアレンジによってはこの一派らしい屈折したジャズ・ロック味も湛えているが、ダークな色調に染まることはない。ジュルベルヌ(Julverne)あたりのファンにも訴求しそう。 [廣川 裕/SD160]