2013年8月18日

元ビーグルハットの田中久義と、元TOM☆CAT の堀尾忠司によるユニット“SHEEP”のデビュー・アルバム:パイロットのデヴィッド・ペイトンがヴォーカル参加の「Paranoia」を収録!

Tokyo Sheepest Pop SHEEP
オンラインストア
アマゾン
iTunes

シープ『トーキョー・シーペスト・ポップ 』
◎元ビーグルハットの田中久義と、元TOM☆CAT の堀尾忠司によるユニット“SHEEP”のデビュー・アルバム。アルバム冒頭からパイロット・イディオムに満ちたイントロが炸裂するわ、曲中にメロトロンが鳴り響くはという70年代ブリティッシュ・ポップ魂満載のサウンドで、ワタシをはじめとするソレ系好きのリスナーのハートをわしづかみにしてくれる。アレンジとエンジニアを担当しているのは、現在5mmで活動する堀尾であり、音づくりにおける彼の造詣の深さもこのアルバムの味わい深さの重要なポイントとなっている。

ワタシにとっては、もう最初から最後まで(ちなみにボーナス・トラック扱いになっているラストの曲のゲスト・ヴォーカルはパイロット(Pilot)のデヴィット・ペイトン(David Paton)だ)頬を弛めっぱなしで聴くしかないアルバムなのだが、70年代ブリティッシュ・ポップ入門者にも、サービス精神と実験精神が共存する、一筋縄ではいかない濃厚なエッセンスは、心に響くはず。ダシになっているのは70年代でも仕上がった料理としては現在そのものというシェフとしての手腕には、3つ星を差し上げたい。 [鈴木 祐/SD166]

素敵な土曜日(Happy Saturday ) by SHEEP

※下記のURLより試聴および、動画を見ることができます。
http://sheep.shiriagari.com/SHEEP_official_web_site/music.html

Official: http://sheep.shiriagari.com/SHEEP_official_web_site/Welcome.html