2013年8月28日

ホークウインド、1975年作『絶対絶命(Warrior On The Edge Of Time)』のデラックス・エディションが発売された!

TOP_Warrior_CD
オンラインストア
アマゾン

ホークウインド『絶対絶命』
◎ホークウインド(Hawkwind)の1975年作『絶対絶命(Warrior On The Edge Of Time)』が新規リマスターで登場した。国内盤は1CDのスタンダード・エディションと2CD+DVD Audioのデラックス・エディションという2形態でのリリースになっている。海外で先に出され話題を呼んでいたLPほかを付随したコレクターズ・ボックスは見送られたようだが、その代わりデラックス・エディションの方はトリプル紙ジャケット仕様(※下段写真)で、音質面もK2HD-HQCDという万全のスペックになっている。また。今回のリマスターは初となる1975年英国オリジナル・ステレオ・マスターからのリマスタリングだ。ディスク2(CD)、ディスク3(DVD)はスティーヴン・ウイルソン(Steven Wilson)によるニュー・ステレオ・ミックス、5.1サラウンド音源、96kHz / 24-bitハイ・スペック・ステレオ音源2種に豊富なボーナス・トラックを追加している。

ジャケも英国オリジナル変形8面スリーヴ、インサートの専用内袋も忠実に再現されていて、広げると戦士の盾になる変形ジャケットだ。内容的にはマイケル・ムーアコックのSFを下敷きにしたヒロイック・ファンタジー・ロックで、前作から参加したサイモン・ハウス(Simon House)のヴァイオリンが活躍するプログレ路線の傑作だ。[廣川 裕/SD167]

トリプル紙ジャケット仕様:オリジナル英UA盤E式変型見開きジャッケット/日本初回発売東芝EMI盤A式シングル・ジャケット+初回帯/日本再発キング盤E式シングル・ジャケット+帯