2013年10月16日

ロンドンのミニマル・トリオ、“ファクトリー・フロア”(Factory Floor)が待望のフル・デビュー作をリリースした!

ファクトリー・フロア『ファクトリー・フロアー』
◎ジョイ・ディヴィジョン(Joy Division)~ニュー・オーダー(New Order)のスティーヴン・モリス(Stephen Morris)やスロッビング・グリスル(Throbbing Gristle)のクリス・カーター(Chris Carter)等が絶賛し、ピーター・ゴードン(Peter Gordon)とは共演といった旧世代との交流話題が絶えることのないロンドンのミニマル・トリオ、ファクトリー・フロア(Factory Floor)待望のフル・デビュー作だ。シンセのドミニク・バトラー(Dominic Butler)、ギター&ヴォーカルの紅一点ニック・コルク(Nik Colk)、ドラムスのゲイブ・ガーンジー(Gabriel Gurnsey)の3人が2009年に結成したトリオで、これまでにもEPや12インチで話題となり昨年、日本のみでアルバム『JPN』が出されていたものの、ようやく待望のアルバムがDFAレーベルから出た。

徹底的に余計な音情報を削り込んでソリッドに吐き出されるシンセ・サウンドと反復ビートがジワジワと快感を脳内に織り込んでいく。自宅での限界大音量で試聴しているとクラブ等での心地よさの欠片くらいは実感できるが、その緻密に積み上げられた音、精緻なミックスの手触りに身を委ねているとハード・インダストリアルやアシッド・ハウスといったレッテルが超高速で通過していき、それもまた心地よい。[大鷹俊一/SD168]

Factory Floor – “Fall Back” (Official Music Video)

Official: https://www.facebook.com/factoryfloor
http://p-vine.jp/artists/factory-floor