2013年10月26日

大ヒット作「アメリカン・パイ」で広く知られる、“ドン・マクリーン”が1974年にリリースした、通算5作目の『ホームレス・ブラザー』がリイシューされた!

◎ドン・マクリーン(Don McLean)の大ヒット、「アメリカン・パイ(American Pie)」(※下段写真)は暗喩に富んだ歌詞を持った謎解きのような歌だということをつい最近知った。一方、マクリーンは“アメリカン・パイのマクリーン”というイメージを払拭するために、このアルバムを作ったという。1974年にリリースされた本作『ホームレス・ブラザー(Homeless Brother)』は5作目にあたり、20世紀初頭のアメリカで貨物列車に無賃乗車しながら各地を渡り歩いた労働者、“ホーボー”をテーマにしたコンセプト・アルバムだ。マクリーンの優しいヴォーカルとメロディ・ラインが印象的だが、例えば「ザ・レジェンド・オブ・アンドリュー・マックルー(The Legend Of Andrew McCrew)」は列車事故で亡くなった後、ミイラ化した遺体が見世物にされていたという実在した黒人ホーボーを歌ったもの。サウンドは優しく、テーマはハードに。それがマクリーン流。リチャード・ティー(Richard Tee)、ヒュー・マクラッケン(Hugh McCracken)、ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)等、手練が抑えたバッキングを披露。[杉山 達/SD168]

日本盤7インチ・シングル:「アメリカン・パイ」キングレコード / HIT-1970(1972年)

Official: http://www.don-mclean.com/