2013年10月27日

ケヴィン・バーンズ率いるポップ/ロック集団の“オブ・モントリオール”が12作目となるニュー・アルバムをリリース!

オブ・モントリオール『ロウジー・ウィズ・シルヴィアンブライアー』
◎ヘヴィ・リスナーによってつくられたポップ/ロック・グループといえば以前は日本に多かったが、この十数年の間にアメリカでもその数は増えた。その代表格の一つが、このオブ・モントリオール(Of Montreal)だ。バンドというよりは、リーダーであるケヴィン・バーンズ(Kevin Barnes)によるユニットといった雰囲気で、彼以外のメンバーは流動的。これまでにもかなりの数のアルバムを発表しているが、それらのなかには、ほとんどケヴィン一人で制作されたというものも多かった。しかし今回のアルバムは、スタジオでメンバーとともに合宿しながら作り上げられたそうで、これまで以上にバンド・サウンド的な側面が強調されている。楽曲の質も高水準で、このグループの作品を代表するもののひとつだと言っていいだろう。

ただ個人的には、あまりにも優等生的である点に物足りなさを感じてしまうのも事実。黄金期のポップス/ロックのあらゆる要素が詰め込まれているのだが、それらの要素への距離感が均等すぎる。ケヴィンよ、おまえはどんな音楽が本当に好きなんだ、と言いたくなる。でも、傑作なんですけどね。[立川芳雄/SD168]

of Montreal – Sirens of Your Toxic Spirit (Live)
of Montreal’s Kevin Barnes & Rebecca Cash perform “Sirens of Your Toxic Spirit,” from the album Lousy with Sylvianbriar, live at home. Filmed and edited by Nina Barnes.

Official: http://www.ofmontreal.net/
http://www.polyvinylrecords.com/