2013年11月17日

フランク・フロミー率いるフランスの重厚音プログレッシヴ・ロック・バンド“ユニット・ウェイル”がセカンド・アルバムをリリース!

ユニット・ウェイル『レトルト』(※右上写真)
◎フランク・フロミー(Franck Fromy/ギター)率いるフランスの重厚音プログレ・バンドの2012年『パンゲア・プロクシマ大陸(Pangaea Proxima)』(※下段写真/動画)に続く2枚目。キング・クリムゾン(King Crimson)の『太陽と戦慄』から『レッド』、『ディシプリン』以降のへヴィー&インプロヴィゼーションの流れを継ぐような全編インストゥルメンタルの音絵巻が、これでもかと展開されていく。自国のマグマ(MAGMA)やエルドン(Heldon)っぽい瞬間もあるが、3~4分台のコンパクトな曲が多く、意外と聴きやすいのも特徴だ。ドラムはブルーフォードのデリケートな部分をメタル化したイメージで、うねりが癖になりそうなベースはレヴィンというよりもウェットンか。ギターは当然、ヘヴィに弾きまくるフリップ。ふんだんに覆いかぶさるメロトロンがプログレ感を高め、その存在がなければ印象はもっとメタルに近かっただろう。フランク・フロミーは、米国のSFホラー作家H.P.ラヴクラフトが創り出したクトゥルフ神話に影響されたシュブ・ニグラス(Shub Niggurath/同神話に登場する神の名前)というバンドにいたが、理知的な文学性はここでも時折感じられる。ライヴが観たいが、アラフィフには爆音がこたえそう。 [等々力 侑/SD169]

CD:『Pangaea Proxima』MAR-121986(2012年)

Unit Wail – Sargasso Sea

Official: http://www.soleilzeuhl.com/
https://www.facebook.com/unit.wail