2013年12月3日

種ともこが2011年の『Uh Baby Baby』から2年ぶりとなる最新アルバムをリリース!

種ともこ『True Love Songs』
◎恐ろしく久しぶりに聴く種ともこ、“恋愛三部作”の第2弾とされるアルバム。かなり昔だったため定かではないが、以前はかなりフェイクの効いたポップ・チューンを唄うシンガーといった認識で、本作も少し警戒しながら聴いたのだが、ヒネったところは残されながらも、わりにストレートなナンバーが多く収録されているのがまずは意外、というのが率直な印象だ。曲は確かにピアノの弾き語りがキーのシンプルなものから、ストリングスっぽい音作りが活きた豪華なものまで、かなりヴァリエーションがあるが、それぞれうまく自分に引きつけて伸び伸びと表現する彼女の歌もなかなか悪くない。さらに、自身の手によるそうした曲そのもの、ベースはポップでも、言葉の面など特にこの人ならではの色が微妙に表わされてフックを随所に生んでいるところもいい点で、それらを無理なく血肉化して表現した跡のよくみえる、ハデさはなくも個性のよく出た作品になった。80年代半ばデビューだからそろそろ30年。そんな長いキャリアを反映しつつ、みずみずしさも失わない秀作。失礼ながら個人的には予想外だったが。[小島 智/SD169]

種ともこ:New Album『True Love Songs』Trailer

Official: http://www.tomokotane.com/