2013年12月4日

ブランドX(Brand X)のデビュー以前、75~76年にかけて録音されていた未発表音源集がリイシューされた!

ブランドX『ミッシング・ピリオド』
◎ブランドX(Brand X)のデビューは1976年だが、それ以前の75~76年にかけて録音されていた未発表音源集がこのたびリイシューされた。当然メンバーはフィル・コリンズ(Phil Collins/ドラムス)、ジョン・グッドソール(John Goodsall/ギター)、パーシー・ジョーンズ(Percy Jones/ベース)、ロビン・ラムリー(Robin Lumley/キーボード)、プレスト・ヘイマン(Presto Heyman/パーカッション)というオリジナル・ラインナップで、この後のメンバー・チェンジを考えると奇跡的ラインナップ。

内容的にもとてもデモ音源、リハーサル・テイクの域ではなく、すでにブランドXとしてのスタイルが完成していることに驚かされる。とりわけラムリーのプレイは正規デビュー作以上と思えるくらい自由奔放にフレーズを繰り出していて印象深い。コリンズもジェネシスで叩きまくれない鬱憤を晴らすように繊細なフィルをこれでもかとぶち込んでくる。ここに収録されているナンバーはデビュー・アルバム『異常行為(Unorthodox Behaviour)』(※下段写真)にタイトルを変えて収められることになるものがほとんどだが、もしかするとこっちのバージョンの方が好きという人も出てくるかも。それくらいすばらしい演奏内容が詰まっている。まずは聴くべし! [廣川 裕/SD169]

Album: Brand X『Unorthodox Behaviour』Charisma / CAS 1117(1976)

http://www.percyjones.net/missing.htm