2013年12月9日

のちにコロシアム、ハンブル・パイ、ユーライア・ヒープ等のメンバーが在籍したブリティッシュ・バンド、ベイカールーの唯一作!

ベイカールー『ベイカールー』
◎のちにコロシアム(Colosseum)~ハンブル・パイ(Humble Pie)で活躍するギタリスト、クレム・クレムソン(Clem Clempson)、ヴィネガー・ジョー(Vinegar Joe)やグレアム・ボンド(Graham Bond With Magick)のバンドに参加するベーシスト、テリー・プール(Terry Poole)、ユーライア・ヒープ(Uriah Heep)に加入するドラマーのキース・ベイカー(Keith Baker)によるトリオ、ベイカールー(Bakerloo)が1969年にハーヴェスト(Harvest)から発表した唯一作品の、ボーナス・トラック5曲追加収録、SHM-CD/紙ジャケット仕様によるリイシュー。

当初ロンドンの地下鉄路線であるベイカールー・ラインを名乗ったこのグループは、最初期のレッド・ツェッペリン(ニュー・ヤードバーズ)とライヴをともにしたこともあり、ブルース、ハード・ロック、ジャズ、クラシックなどの要素が整理しきれないまま混在する、当時の英国アンダーグラウンド・ロック・シーンの渾沌ぶりを反映したサウンドが特徴。メンバーそれぞれの才気をぶつけあうことで、とにかくやってしまうのだ、といわんばかりの、ゴリゴリと力ずくで押しきるようなジャンル分けを拒むようなサウンドは今も鮮度を失っていない。ボーナス・トラックは、別ミックスやアルバム未収録シングルなど。 [鈴木 祐/SD170]

Original Album: 『Bakerloo』Harvest / SHVL 762 (1969)

http://www.humble-pie.net/rockon/pops/html/dave_clempson.html