2013年12月12日

曽我部恵一がソロ名義としては2年半ぶりとなるニュー・アルバム『超越的漫画』をリリースした!

◎ソロとしては2年半ぶりとなる新作。音楽的には70s感覚のファンクだったり、当時の日本のロックといった印象を受けるが、聴いていると妙に詩の世界が面白いことに気づく。これまではどちらかといえば、メッセージ性の強い、というか主張が前面に出されていた印象があるが、今回はそういった面がすっかり影を潜めているのだ。だからつまらないかというと、その反対。むしろ、そこが面白い。

まるでツイッターで呟いていることをそのまま綴ったような、飾らない日常生活の出来事などを徒然なるままに書き綴ったような印象を受ける。かといって、70sの四畳半フォーク、私小説的フォークとは、その感触は全く異なる。あの意図的に作られた暗い陰鬱とした世界ではなく、ごく自然体で肩の力も抜けて全く無理がない。日常生活の情景をそのまま切り取ったような面白さがそこにはある。たとえばカレー・ライスを作っている時の様子をそのまま詩にしたような「そかべさんちのカレーライス」や、日頃からいつも感じる感情を素直に吐露した「バカばっかり」など、どれもそんな具合で、そのリアルな情景が見えるような伝わり方が面白いし、楽しい。[増渕英紀/SD170]

曽我部恵一「6月の歌」【Official Music Video】

Official: http://www.sokabekeiichi.com/
http://rose-records.jp/