2013年12月13日

ストレンジ・デイズ(No.171・2014年2月号):ボストン/ヴァージン・レコード40周年/VDGG/21世紀のプログレッシヴ・ロック 2013(フラワー・キングス インタヴュー)/ノヴェラ 他!

◎ボストン(Boston
11年ぶりとなる通算6作目のニュー・アルバム『ライフ、ラヴ&ホープ(Life, Love & Hope)』をリリースしたボストン。アメリカン・プログレ・ハードの先駆者とした旅立ち、未曽有の成功を収めた彼らの飛行を振りかえりつつ、同時期のシーンに与えた影響やプログレ・ハード・アルバム選、そして新作の徹底解説などを通しトム・ショルツ(Tom Scholz)と巨大宇宙船ボストンの魅力を再確認してみた。

  • ボストン栄光の飛行記録
  • アメリカン・プログレ・ハードの先駆者
  • オリジナル・アルバム解説
  • アメリカン・プログレ・ハード関連アルバム解説


◎21世紀のプログレッシヴ・ロック 2013(21st Century Prog Rock 2013)

一度は消滅したかに見えたプログレッシヴ・ロックは、2000年を境にして息を吹き返し、2010年を越える頃には長い冬の時代を終えて完全復活。今では、ジャズやクラシックまでをも巻き込んだ70年代プログレッシヴ・ロック・ムーヴメントに勝るとも劣らない活況を呈している。新人と再結成復帰組が相まって作り上げる2013年のプログレッシヴ・シーンを、フラワー・キングスのロイネ・ストルト、マスケラ・ディ・チェッラ(La Maschera Di Cera)のファビオ・ズッファンティをインタヴューとともに振り返ってみた。

  • フラワー・キングス(The Flower Kings)インタヴュー:ロイネ・ストルト(Roine Stolt
  • ファビオ・ズッファンティ(Fabio Zuffanti)インタヴュー
  • 21世紀のプログレ:2013年を振り返って
  • 2013年再発・BOXセット
  • 関連アルバム解説

画像をクリックすると拡大表示されます。

◎ヴァージン・レコード40周年(Virgin Records 40th Anniversary)
通販専門のレコード店としてスタートしたヴァージン・レコードは、70年代にはマイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)、タンジェリン・ドリーム(Tangerine Dream)、セックス・ピストルズ(Sex Pistols)を、80年代にはジャパン(Japan)やカルチャー・クラブ(Culture Club)などのアルバムをリリースし、90年代にはローリング・ストーンズまでをも獲得しながらその資産を増やし、遂には航空会社・鉄道会社まで保有するに至っている。すでにレーベルはEMIを経てユニバーサルに吸収されてしまったが、そのカタログの持つ魅力は決して色褪せることはない。反商業主義的ともいえる作品でスタートし、その正反対とも言えるビジネス感覚で成功を収めたヴァージン・レコード40年の歴史を駆け足で辿ってみた。

  • 最も成功したインディペンデント・レーベル
  • ヴァージン・アルバム解説


○ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター(Van Der Graaf Generator

  • 隔絶したヴァン・ダー・グラーフの世界
  • VDGGアルバム解説

ノヴェラ(Novela)

  • 平山照継(Terutsugu Hirayama)インタヴュー
  • 五十嵐久勝(Hisakatsu Igarashi)インタヴュー
  • 国内プログレの最高峰
  • NOVELA SPECIAL BOX解説

○エリック・クラプトン(Eric Clapton)
70年代中期作のボックスとクロスロード・ギター・フェス2013

○シンガー・ソングライター名盤10選
○ソニー:80s The Best
○これが最後のエレック