2013年12月23日

ソフト・マシーンやエッグなど、カンタベリー系影響下バンドの中でも最高峰の一つと目されるオランダの“スーパーシスター”が70年代初頭に残した未発表ライヴ音源集!

スーパーシスター『ロング・ライヴ・スーパーシスター!』
◎ソフト・マシーン(Soft Machine)やエッグ(Egg)の多大な影響下にある作品をリリースし、一時期は、ピエール・モエルラン(Pierre Moerlen)やエルトン・ディーン(Elton Dean)のみならずジャズ界の重鎮チャーリー・マリアーノ(Charlie Mariano/サックス)もゲストに迎えたことのあるダッチ・プログレッシヴ・ロックの雄、スーパーシスター(Supersister)の未発表ライヴ音源集が登場した。

72年2月と73年7月にオランダのラジオ局に出演した音源と71年5月オランダのTV出演時のスタジオ・ライヴに加え、71年10月の西ドイツNDR放送局用スタジオ・ライヴ音源も収録した本作は先行で2枚組アナログ盤がリリースされていたが、今回は曲順を変更してCD1枚にまとめられている。ギタリスト不在という編成や変拍子を多用したリフに乗ってファズをかけたオルガンがソロを取るという形態は無条件にソフト・マシーンを連想させるものの、出自がジャズではなくポップ・バンドの彼らだけあって、どことなく飄々とした軽やかさと奇妙なユーモア感覚が演奏から伝わってくるのが面白い。ドイツ人ヴァイオリニストのアルフレッド・ハウゼ(Alfred Hause)を迎えてオーケストラルなアレンジで迫るNDR音源も圧巻だ。[鬼形 智/SD170]

○『ロング・ライヴ・スーパーシスター!』で演奏されている曲のオリジナル・テイクが収録されたオリジナル・アルバム
LP:『Present From Nancy』Polydor / 2441 016 (Netherlands,1970年)
『To The Highest Bidder』Dandelion / 2310 146 (UK,1971年)
『Pudding En Gisteren』Polydor / 2480 153 (UK,1972年)

Official: http://supersister.nl/