2013年12月24日

クリムゾンやマグマを彷彿させる変拍子を駆使したダークでヘヴィなアメリカのヘヴィ・プログレ・バンド、“バーズ・アンド・ビルディングス”のセカンド・アルバム!

バーズ・アンド・ビルディングス『マルチパーパス・トラップ』
◎アメリカのヘヴィ・プログレ・バンド、デリュージ・グランダー(Deluge Grander)のキーボーディスト、ダン・ブリットン(Dan Britton)を中心に2007年に結成されたバーズ・アンド・ビルディングス(Birds And Buildings)。好評を博した『バンタム・トゥ・ビヒモス(Bantam To Behemoth)』(※下段写真)に続く5年ぶりのセカンド・アルバム『マルチパーパス・トラップ(Multipurpose Trap)』(※右上写真)がリリースされた。

この久々の新作に対する期待は大きかったが、その期待をはるかに上回る作品となった。基本メンバーはダン以外、マルコム・マクダフィー(Malcolm McDuffie/ドラムス)、ブライアン・ファルコフスキー(Brian Falkowski/サックス,クラリネット)、デリュージ・グランダーのブレット・アノン(Brett D’Anon/ベース,ギター,ヴォーカル)と前作と変わらないが、専属のヴァイオリニストと日本人を含む4人のヴォーカリストを迎え、より多彩で表情豊かなサウンドを展開している。切り返しの巧みさと緊張感溢れる疾走感は健在である。クリムゾン(King Crimson)やマグマ(Magma)を彷彿させる変拍子を駆使したダークでヘヴィなプログレッシヴ・ロックが主体だが、サックスやクラリネットの奏でるダークな哀愁やヴァイオリンの艶やかな響きが絡み合い、妖しい幻想性を醸し出している。ヨーロッパ的なテイストも感じさせてくれる。緻密に構築された高水準な傑作である。[祖父尼 淳/SD170]

CD:『Bantam to Behemoth』MAR-081356 (2008)

Official: http://emkog.com/
http://birdsandbuildings.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/BirdsAndBuildingsProg