2014年1月16日

荒井英治が所属する東京フィルハーモニー交響楽団とモルゴーア・クァルテットが2014年2月9日と10日の2日連続でプログレッシヴ・ロック・ファンのためのスペシャル・プログラムを演奏する!

TOP_MorgauaQuartet
オンラインストア
アマゾン
iTunes

◎2014年、年頭にNHK-FM放送された番組「新世紀プログレッシヴ・ロックの波」にも登場した荒井英治氏が所属する東京フィルハーモニー交響楽団とモルゴーア・クァルテットが2月9日と10日の2日連続でプログレ・ファンのためのスペシャル・プログラムを演奏する。第1日目の2月9日は、荒井氏自身がソロ・コンサートマスターを務める東京フィルハーモニー楽団がプログレの名曲の新オーケストラ・ヴァージョンを世界初披露する。第1章では、キング・クリムゾンの「21世紀のスキッツォイド・マン」やイエスの「危機」など5曲を、第2章では、ピンク・フロイドの「クレイジー・ダイヤモンド」やEL&Pの「タルカス」など3曲を演奏予定だ。2日目の10日には、モルゴーア・クァルテット(Morgaua Quartet)によって、ピンク・フロイドの「太陽讃歌」「原子心母」やイエスの「同志」「シベリアン・カートゥル」などが演奏される。プログレ・ファン必見の2日間だ。

21世紀のスキッツォイド・マン / モルゴーア・クァルテット
Album:『21世紀の精神正常者たち』コロムビア / COCQ-84964(2012)より

詳細は下記URLにて
http://nandemoclassic.jp/
http://nandemoclassic.jp/pdf/progressive.pdf


『プログレ on クラシック』
◎出演:藤岡幸夫〈指揮〉/荒井英治〈ソロ・コンサートマスター〉/東京フィルハーモニー交響楽団〈演奏〉
◎日程:2014年2月9日(日)
○会場:東京芸術劇場コンサートホール

【第Ⅰ章】
○開演:15:30~16:30
○料金:5,000円(全席指定)
[演奏曲目]
・キング・クリムゾン(King Crimson)「21世紀のスキッツォイド・マン(21st Century Schizoid Man)」
・キング・クリムゾン「エピタフ(墓碑銘)(Epitaph)」
・ジェネシス(Genesis)「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ(Watcher Of The Sky)」
・ピンク・フロイド(Pink Floyd)「虚空のスキャット(The Great Gig In The Sky)」
・イエス(Yes)「危機(Close to the Edge)」

【第Ⅱ章】
○開演:17:30~18:30
○料金:5,000円(全席指定)
[演奏曲目]
・ピンク・フロイド「原子心母(Atom Heart Mother)」
・ゴブリン(Goblin)「サスペリア(Suspiria)」
・EL&P(Emerson, Lake & Palmer)「タルカス(Tarkus)」

※Ⅰ・Ⅱ章セット券:8,000円


『モルゴーア・クァルテット(Morgaua Quartet)』
◎出演:モルゴーア・クァルテット:荒井英治(ヴァイオリン)/戸澤哲夫(ヴァイオリン)/小野富士(ヴィオラ)/藤森亮一(チェロ)
◎日程:2014年2月10日(月)
○会場:東京芸術劇場コンサートホール
○開演:19:00~21:00
○料金:4,000円(全席指定)

[演奏曲目]
・ピンク・フロイド「太陽讃歌(Set The Controls For The Heart Of The Sun)」
・ピンク・フロイド「原子心母(ATOM HEART MOTHER)」
・イエス「危機」
・イエス「同志(And You And I)」
・イエス「シベリアン・カートゥル(Siberian Khatru)」
・EL&P「悪の教典#9 第一印象パート1(Karn Evil #9 1st Impression-part 1)」
・キング・クリムゾン「21世紀のスキッツォイド・マン」