2014年1月20日

ヘンリー・カウやユニヴェル・ゼロらとともに活動したRIOオリジナル・バンド、“ストーミー・シックス(Stormy Six)”の19年振りの新譜がリリースされた!

ストーミー・シックス『ゲットーへようこそ』
◎イタリアン・アヴァンの最右翼にして現行RIO系バンドにも多大な影響を与え続けているストーミー・シックス(Stormy Six)。新作が出るのは19年ぶりとなる。形態としてはCD+DVDというものだが、ぜひ映像をご覧いただきたい。本年4月にワルシャワ・ゲットー蜂起70周年記念として開催された俳優モニ・オバディア(Moni Ovadia)とのジョイント・コンサートを収録したもので、当時のナチスによるユダヤ人弾圧の映像やモニによる迫真のナレーションを配すことで、イヴェントの意味とメッセージがダイレクトに伝わってくるのが魅力。ボーナス映像にはCDには未収録のアンコール・ナンバー「Dance di Nanna」を収録してある。

ところでバンドには新しいメンバーとしてユーゲン(Yugen)のギタリスト、フランチェスコ・ザーゴ(Francesco Zago)が加入。あたかも蘇ったかのごとく熱のこもったパフォーマンスを繰り広げている。テーマがテーマだからということもあるが、当初から左翼的な姿勢で鳴らしたストーミー・シックスの本領発揮といえる熱いライヴだ。横長の変形パッケージとリーフレットも印象的である。[廣川 裕/SD171]

Official: http://www.francofabbri.net/pagine/Stormy.htm