2014年2月11日

英フォークロック界の重鎮、グラハム・ライルとトム・マッギネスが再度コンビを組んだ“ライル・マッギネス・バンド”の唯一作が再発!

TOP_AIRAC-1722_3
オンラインストア
アマゾン

ライル・マッギネス・バンド『アクティング・オン・インパルス:デラックス・エディション』
◎ギャラガー&ライル(Gallagher & Lyle)のグラハム・ライル(Graham Lyle)と、マンフレッド・マン(Manfred Mann)~マッギネス・フリント(McGuinness Flint)のトム・マッギネス(Tom McGuinness)、英国田園ロック界の重鎮2人が再びコンピを組み、ライル・マッギネス・バンド(Lyle McGuinness Band)として1983年にリリースされた唯一のアルバム『アクティング・オン・インパルス(Acting On Impulse)』がリイシューされる。バックにアラン・ダン(Alan Dunn)、クリッシー・スチュワート(Chrissy Stewart)、ヒュー・フリント(Hughie Flint)を従え、2人の輝かしい経歴に裏打ちされた英国田舎紳士風ロックが全編に漂う隠れた傑作となっている。

オリジナル音源12曲に加え、未発表曲やラジオ・セッション音源など全13曲によるボーナス・ディスクをプラスした2枚組仕様。英国盤オリジナルLPを元にした紙ジャケット仕様。2014年24ビット・リマスタリング。[※メーカー・インフォより]


Acting On Impulse -expanded edition-
LYLE McGUINNESS BAND
2014年3月20日発売
エアーメイル / AIRAC1722~3
[2CD]※紙ジャケット、リマスター

Disc 1:

  1. Elise
  2. Put The Blame On Me
  3.  Yellow Kimono
  4.  Hit And Run Love
  5. Youre Always On My Mind
  6. Faded Photographs
  7. Moody
  8. Irish Eyes
  9. Darlin Man
  10. Hot Lips
  11. Only All The Time
  12. Acting On Impulse

Disc 2(Bonus Disc):

  1. What Does It Take (B-side of a single)
  2. At The Commodore (unreleased)
  3. Fighting For The Cause (unreleased)
  4. Warm (unreleased)
  5. Blue Country (unreleased)
  6. Travelling Man (unreleased)
  7. Teenage Exodus (unreleased)
  8. Respect My Space (unreleased)
  9. Badluck (Knocking On My Door) (unreleased)
  10. Elise (radio session)
  11. What Does It Take (radio session)
  12. Irish Eyes (radio session)
  13. Put The Blame On Me (radio session)

http://www.airmailrecordings.com/