2014年2月18日

“PFM”にとって初のオーケストラとの共演&スタジオ制作ダブル・アルバムがリリースされた!

PFM『イン・クラシック~モーツアルトからの祭典』
◎2011年11月の来日公演でも演奏されたオーケストラとの共演プロジェクトである“PFM イン・クラシック”の集大成となった18枚目のスタジオ・アルバム。総勢50人からなるオーケストラとの共演によってディスク1はモーツァルトの「魔笛(序曲)」、サン=サーンスの「死の舞踏」、ドヴォルザークの「スラヴ舞曲」、マーラーの「交響曲第5番」、ヴェルディの「ナブッコ(序曲)」といったクラシック名曲をPFM流の解釈でカヴァー。全体的にクラシックというよりもロック色が濃い演奏となっており、この手のものにありがちなロック・バンド+ゴージャスな伴奏というよりも、バンドとオーケストラが互角に対峙するという仕上がりになったのはアレンジの勝利だろう。

ディスク2は「新月」や「何処…何時…」、「9月の情景」、「セレブレイション」、「プロムナード・ザ・パズル」などのPFM名曲群をオーケストラと共に演奏しているが、こちらはロック色よりも洗練されたクラシック色が勝ったアレンジで展開されており、語義本来の意味での上品な“シンフォニック・ロック”を堪能できる。石=ロックと羽毛=クラシックが対等の重みを持つというデザインのジャケットは、決してダテではない。[鬼形 智/SD172]

Premiata Forneria Marconi – Suite italiana [PFM in Classic] – Live @ Lugano Estival Jazz 5/7/13

Official:
http://www.pfmpfm.it/
https://www.facebook.com/pages/PFM-Premiata-Forneria-Marconi-FanClub-Ufficiale/61403102118?ref=hl