2014年2月20日

“ジェリーフィッシュ(Jellyfish)”の発掘音源集『Radio Jellyfish』がリリースされた!

◎ジェリーフィッシュ(Jellyfish)の発掘音源といえば、2012年にリリースされた1991年カリフォルニアのクラブでのライヴ録音『Live At Bogartʼs 1991』が有名だが、今回発掘リリースされたのは『こぼれたミルクに泣かないで(Split Milk)』を発売直後のライヴということで、同作からのナンバーが3曲聞けるのが最大の魅力(『Live At Bogartʼs 1991』はセカンド発売前のタイミングだったのでファーストの曲中心)。

1993年にオーストラリアとオランダのラジオ局で収録されたアコースティック編成でのパフォーマンスで、普段はベースを弾いているティム・スミス(Tim Smith)もアコギ、ロジャー・マニング(Roger Manning)もキーボードよりパーカッションを叩いていることが多いというのはおもしろい。得意のハーモニーもクリアに記録されているし、演奏自体もリラックスしている。ムーヴ(The Move)の「I Can HearThe Grass Grow」とバッドフィンガー(Badfinger)の「嵐の恋(No Matter What)」(『Live At Bogartʼs 1991』にも収録)は彼らのルーツだが、先にボックス・セットの『Fan Club』などに収録されていた音源だ。だとしてもこのアルバムの価値が下がるわけではなく、当時のバンドの“素”の姿を確認できるという点だけでもありがたい作品といえるだろう。 [廣川 裕/SD173]

Omnivore Radio Jellyfish trailer