2014年2月26日

ダニエル・ドゥニ率いる“ユニヴェル・ゼロ(Univers Zero)”がニュー・アルバムをリリース!

ユニヴェル・ゼロ『燐光(Phosphorescent Dream)』
◎前作がユニヴェル・ゼロ(Univers Zero)の一つの完成形をみたアルバムだったことは、ダニエル・ドゥニ(Daniel Denis)自身も感じていたのだろう。初期よりバンドを支えたミシェル・ベルクマン(Michel Berckmans)が脱退し、ダブル・リード楽器奏者を補充せずにギター&ベース&ドラムス&キーボード+管楽器奏者の5人編成としたのは、攻撃性とエッジが効いたソリッドなロック・バンドへ変化しようとするドゥニの意思を反映したものに他ならない。もちろん、復活以降の彼らの特色であるリフの繰り返しをフィーチャーした浮遊感覚が漂う楽曲もあるし、シンプルなスネア・ドラムをバックにゲスト参加の金管楽器奏者を含む管楽器アンサンブル+キーボードが、なだらかに和声を進行していく現代音楽風ナンバーといったチェンバー・ロックならではの特性を強調した面も健在であるが、それよりもリズムのヘヴィネスと強圧的なリフの嵐が織り成すソリッドなアンサンブルと各楽器の強烈なソロといった新機軸のほうが印象に残るのだ。もはや彼らはチェンバー系の枠を超えてヨーロッパを代表するプログレッシヴ・ロック・バンドへと変身を遂げたのかもしれない。[鬼形 智/SD173]

Official Site:
http://www.univers-zero.com/