2014年3月30日

ブライアン・イーノとアンダーワールドのカール・ハイドが、初の共作アルバムをリリースする!

TOP_SomedayWorld
オンラインストア
アマゾン
iTunes

◎ロキシー・ミュージック(Roxy Music)オリジナル・メンバーあり、その後のアンビエント・ミュージック先駆者、個性派アーティストのプロデュースなどで知られるブライアン・イーノ(Brian Eno)、そして英国エレクトロニック・ミュージック・グループ、アンダーワールド(Underworld)のカール・ハイド(Karl Hyde)による共演アルバム『Someday World』がリリースされる。

収録曲のすべてをイーノとハイドの作曲およびボーカルを担当しており、加えて、イーノのロキシー・ミュージック時代からの盟友アンディ・マッケイ(Andy Mackay)やシェウン・クティ(Seun Kuti)作品をイーノと共にプロデュースしたジョン・レイノルズ(John Reynolds)といった卓越したサポート・ミュージシャンたちが多数名を連ねている。また共同プロデューサーとして、弱冠20歳のフレッド・ギブソン(Fred Gibson)が参加している。本作はイーノとハイドが継続して行なってきたコラボレーションの一環であり、2人が制作した記念すべき初のアルバム作品となる。イーノ自身がアルバム・アートワークを担当し、使用されている写真はハイドによって撮影された写真が使用されているそうだ。

Eno・Hyde – The Satellites

Official Website: http://enohyde.com/
http://www.karlhyde.com/
http://www.enoshop.co.uk/


作品タイトル:Someday World
アーティスト名:Eno・Hyde
発売日:2014年5月3日
メーカー / 商品番号: Beat / BRWPCD249X
商品詳細:[2CD]※限定盤
※同時発売、通常盤BRC-414 / 2014.4.28

Disc 1:

  1. The Satellites
  2.  Daddy’s Car
  3. A Man Wakes Up
  4. Witness
  5. Strip It Down
  6. Mother Of A Dog
  7. Who Rings The Bell
  8. When I Built This World
  9. To Us All
    – bonus track for Japan
  10. Titian Bekh

Disc 2(Bonus Disc):

  1. Big Band Song
  2. Brazil 3
  3. Celebration
  4. Titian Bekh