2014年4月6日

鈴木慶一の新しいバンド、“Controversial Spark”が初CD作品をリリースした!

◎すでに大きな話題になっている鈴木慶一の新しいバンド、コントロヴァーシャル・スパーク(Controversial Spark)が初CD作品をリリースした。この前に出された500枚限定の7インチ・アナログEPがデビュー作ということになるが、流通面も考えれば本作が本当のデビュー作と捉えていいだろう。メンバーは鈴木、元カーネーションの矢部浩志、栗コーダカルテットなどの近藤研二、フリーのベーシストとして幅広く活動していた岩崎なおみ、元THE ROOMSのkonoreという5人組。鈴木絡みのバンドとしては初めてメンバーに女性が2人もいることが注目されるところだけど、格別に狙ったことではなく、自然とこのメンバーに落ち着いたらしい。

EPに収められていた3曲のモノ・ミックスに加えて新曲3曲の計6曲という構成だが、全体に雰囲気としてはかつてのニューウェイヴを思わせるようなねじれたセンスを感じさせるナンバーが多い。メンバーの年齢構成の幅広さもあるのか、いずれもポストな空気を携えていて、無国籍風の仕上がりになっているのがおもしろい。岩崎とKonore、女性陣2人の声も好き。[廣川 裕/SD173]

Controversial Spark first session 2013

Official facebook: https://www.facebook.com/ControversialSpark
http://www.keiichisuzuki.com/