2014年4月10日

ジェスロ・タルの頭脳“イアン・アンダーソン”が早くも最新アルバム『ホモ・エラティカス』をリリースする!

TOP_Homo-Erraticus
オンラインストア
アマゾン
iTunes

◎ジェスロ・タル(Jethro Tull)の頭脳イアン・アンダーソン(Ian Anderson)は2012年に『ジェラルドの汚れなき世界(Thick As A Brick)』の続編となるアルバム『ジェラルドの汚れなき世界 2』をリリースし、翌2013年4月『ジェラルドの汚れなき世界』を完全再現した日本公演を行ない、相変わらずの健在ぶりをみせてくれたことは記憶に新しいところだが、今年2014年5月にさらに続編的な最新アルバム『ホモ・エラティカス』をリリースすることが決定した。イアン・アンダーソンの加速は止まりそうもなさそうだ。

※以下メーカー・インフォより
○『ジェラルドの汚れなき世界 2』から2年、物語はまだ終わっていなかった? 40年以上の時を越え、第3幕が始まる。

ジェスロ・タルの代表作として、英国プログレッシヴ・ロックのマスターピースとして語り継がれる『ジェラルドの汚れなき世界 』。40年後に発表された『ジェラルドの汚れなき世界 2』で堂々完結と誰もが思ったはず。だが、ジェラルド・ボストックの世界はそこで終わってはいなかったのだ。壮大な叙事詩は続く。今回は英国の歴史的出来事からその未来まで未曾有の物語はオリジナルの2作とリンクしながら更なる発展を遂げていく!
 
イアン・アンダーソン名義の作品ながら、そのサウンドは往年のジェスロ・タルそのもの! 70年代後半のトラディショナル・フォーク色が加わった時期のサウンドと『ジェラルドの汚れなき世界』、『パッション・プレイ(A Passion Play)』期のプログレッシヴ・ロック色が強いサウンドが絶妙なバランスで合体した、最強のタル・サウンドが全編炸裂!
 
大ヒット作の続編と言うことで、色々と制約があった『ジェラルドの汚れなき世界 2』と比べると、同じ続編でもより自由度が高くなった本作では、サウンドものびのびしたものになり、サウンド的には『ジェラルドの汚れなき世界 2』よりヒット性が強く、わかりやすいサウンドとなっている。
 
アルバム発売に合わせ、既にワールド・ツアーが決定! クラシック・ロック・オーディエンスにとって2014年は通年,ジェスロ・タル・ブームが続く1年となる。

Ian Anderson – Enter The Uninvited (lyric video) (from Homo Erraticus)

Official Website:
http://jethrotull.com/
http://kscopemusic.com/iananderson


作品タイトル:Homo Erraticus
アーティスト名:Ian Anderson
発売日:2014年5月28日発売予定
メーカー / 商品番号:WHD / IEZP-75
[K2HD HQCD+DVD(オーディオ収録)]

Part One: Chronicles

01. Doggerland
02. Heavy Metals
03. Enter The Uninvited
04. Puer Ferox Adventus
05. Meliora Sequamur
06. The Turnpike Inn
07. The Engineer
08. The Pax Britannica

Part Two: Prophecies

09. Tripudium Ad Bellum
10. After These Wars
11. New Blood, Old Veins

Part Three: Revelations

12. In For A Pound
13. The Browning of the Green
14. Per Errationes Ad Astra
15. Cold Dead Reckoning (※収録予定曲)