2014年4月24日

アシッド・フォークの名盤『パラレログラムス』を残した“リンダ・パーハクス”が44年ぶりとなる新作を発表!

リンダ・パーハクス 『ソウル・オブ・オール・ナチュラル・シングス 』
◎アシッド・フォークの絶対名盤として今も強い磁力を放ち続ける、リンダ・パーハクス(Linda Perhacs)の『パラレログラムス(Parallelograms)』。カリフォルニア出身で、ヒッピー・カルチャーに憧れた無名の歯科衛生士だったことが判明した伝説のシンガー・ソングライターである彼女の、なんと44年ぶりとなる新作が発表された。2007年に新世代フリーフォークの旗手、デヴェンドラ・バンハート(Devendra Banhart)に引っ張り出され、活動を再開。本作は若手ミュージシャンのフェルナンド・ペルドーモ(Fernando Perdomo)とクリス・プライス(Chris Price)とのトリオという形を中心に録音を進め、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)のレーベルからのリリースとなった。

神秘的で彼岸から響いてくるような、幽玄で深い闇をまとったヴォーカルは健在。最新のエレクトロニクスを駆使したサウンドメイキングによって、その浮遊感に満ちた音世界は、より一層の深淵を見せてくれている。まさに白昼夢の如くトリップしてしまう曲が並んでおり、冒頭の3曲だけで、その世界に引き込まれてしまう。英国フィメール・フォークの最良の部分が、音響派と結びついたような桃源郷に眩暈がしてくる。[遠藤哲夫/SD174]

Linda Perhacs- Prisms of Glass

Official Website:
http://www.lindaperhacs.com/
http://asthmatickitty.com/