2014年5月10日

ジョン・ウェットンとリチャード・パーマー・ジェイムスの関連カップリング作『ジャック・ナイフ・アンド・モンキー・ビジネス』!

◎御大&リチャード・パーマー・ジェイムス(Richard Palmer James)のレア・テイクがぎっしりと詰まった『モンキー・ビジネス(Monkey Business)』を初めて聞いたときにはブッ飛んだ。「イージー・マネー(Easy Money)」やら「スターレス(Starless)」やら、御大のラフな音源が聴けるだけで幸せというもの。元スーパートランプ(Supertramp)のジェイムスはご存知のとおり、ピート・シンフィールド(Pete Sinfield)に代わって『太陽と戦慄(Larks’ Tongues in Aspic)』から後期クリムゾン(King Crimson)の歌詞を担当していた人物であり、御大とは旧友。このアルバムは2人がいかに楽しみながら楽曲を構築していったかがわかる、“ドキュメント”だ。完成された曲はないが、資料としての価値は十分にある。カップリングされているジャックナイフ名義のアルバムは1979年に発表されたもの。御大がというより、ジェイムスがやりたかったことなのだろう。プログレ的なメロディはさして見当たらず、カヴァーを含めた軽快なロック・チューンが並ぶ。同時期に御大はU.K.で、ホールズワース(Allan Holdsworth)やブルーフォード(Bill Bruford)、続けてジョブソンらと切磋琢磨しており、このコラボはひとつの息抜き? とはいえ御大の声に惚れたファンなら、ファンキーなノリを聴いて損はない。[等々力 侑/SD175]

Official Website:
http://www.johnwetton.co.uk/
http://www.twoheadsmusic.de/en/