2014年5月24日

ブルース・ギタリストの最高峰、“ロバート・クレイ”が約1年半ぶりとなる通算17枚目のアルバムをリリース!

ロバート・クレイ・バンド『イン・マイ・ソウル』
◎どこか器用貧乏で真面目なイメージの強いロバート・クレイ(Robert Cray)。いや、グラミー賞アーティストに失礼なことを。そんなクレイの通産17枚目のアルバム。スタンダードなブルース・マナーに乗っ取ったギターも律義そのもの。激しいリックも飛び出すが、“ぴろ〜ん”とか、いちびったフレーズは弾かない。だが、実際聴いてみると、これがいい。3曲目の「Fine Yesterday」なんて往年のオリジナル・ラヴかと思った。6曲目の「Hold On」もそうですが、むちゃくちゃスウィート・ソウル感覚ありますね。スウィートじゃないゴリゴリのソウル感覚もある。ブルースというよりギターも上手いソウル・シンガーの感もある。ジャケットアートもそれ風だ。「Hip Tight Onions」はタイトル通り、MGʼ ズ調のゴキゲンなインスト。しかしロバート・クレイも長いなと思ったら既に還暦越えだ。プロデュースはスティーヴ・ジョーダン。[杉山 達/SD175]

Robert Cray – In My Soul – The Official Trailer

Official Website:
http://robertcray.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/robertcraymusic