2014年5月27日

イタリアン・プログレッシヴ・ロック・シーンの重鎮“バンコ”のライヴ・アルバム!

バンコ『ローマの輝き~ライヴ・イン・ローマ』
◎本来なら来日公演の余韻に浸っていたはずなのに、悲しみとともにジャコモおじさん(Francesco Di Giacomo)の「R.I.P.」を聴くなんて……。イタリアのプログレ・バンドが一堂に会して2010年11月5、6日にローマで行なわれた〈プログ・エキシビジョン〉で、2日目のヘッドライナーを務めた際のライヴだ。2日間の模様は翌年にCD7枚&DVD4枚のBOX仕様で発売されたが、そこに収められていたバンコの熱演が単体での発売となった。ジョン・ウエットン(John Wetton)が参加した2曲が省かれ完全収録とはいかないが、『ファースト(Banco Del Mutuo Soccorso)』(②④)~『ダーウィン(Darwin!)』(③⑦⑧)~『自由への扉(Io Sono Nato Libero)』(⑥⑨)の初期3作の名曲がズラリ並んでいる。高音かつ深みのある声で、オペラチックに軽々と歌いこなすジャコモおじさんのパフォーマンスは圧倒的で、誰にも真似はできないもの。ヴィットリオ・ノチェンツィ(Vittorio Nocenzi)の繊細かつ力強いキーボードワークも健在で、しっとり聴かせるバラード「ヌード」、疾走感あふれる「R.I.P.」のオープニング2曲だけでも、ジャコモ×ノチェンツィ=バンコの魅力が満開だ。DVDも機会があったらぜひ、ご覧いただきたい。[SD176/等々力 侑]

Official Website:
http://www.bancodelmutuosoccorso.it/