2013年2月14日

米プログレッシヴ・ロックのパイオニア、パブロフス・ドッグの初期2作品がリマスターCD(輸入盤)にて再発される(1/2)

Pamperedjpg
オンラインストア
アマゾン

◎米プログレッシヴ・ロックのパイオニア、パブロフス・ドッグ(Pavlov’s Dog)の初期2作品が3月25日にリマスターCD(輸入盤)で再発される。1970年代初頭、シンフォニックなプログレッシヴ・ロックを目指すバンドが皆無だったアメリカにおいて、デヴィッド・サーカンプ(David Surkamp)のハイ・トーン・ヴォーカルと多彩な器楽がもり立てる抒情性あふれるサウンドで人気を博したのがパブロフス・ドッグだ。75 、76年に2枚のアルバムを残した後、一度はシーンを去ったが、近年のプログレッシヴ・ロック・リヴァイバルの波にのり、2004年には6人のオリジナル・メンバーにより再結成され再び活動を続けている。

◎PAVLOV’S DOG『Pampered Menial』
70年代初期のアメリカ。まだ、サイケデリックの余韻を残しつつも、フォークやブルース、そしてカントリーの匂いを漂わせたミュージック・シーンにおいて、ブリティッシュ・テイスト溢れるシンフォニックなプログレッシヴ・ロックを演奏するグループがいた。それが、デヴィッド・サーカンプ(vo, g)率いる七人編成のパヴロフス・ドッグだ。本作は、そんなパヴロフス・ドッグが75年に発表したファースト・アルバム。発売当時、日本でも熱心なプログレッシヴ・ロック・ファンの間では、ちょっとした話題となった。

特に、デヴィッド・サーカンプの細かく震えるハイ・トーン・ヴォイスや、ダグ・レイバーンのメロトロンとフルート、さらにジークフリート・カーヴァーのヴァイオリンは、プログレッシヴ・ロックには不可欠な構築美を作り上げていた。しかし、彼らは母国アメリカでは受け入れられることなく、ヨーロッパや日本に輸出され、海外で高い評価を得ることになる。メンバーは他にデヴィッド・ハミルトン(key)、マイク・サフロン(パーカッション)、リック・ストックトン(bs)、スティーヴ・スコーフィナ(g)。[岩本晃市郎/SD122]