2014年6月10日

インテリジェント・モダン・プログレッシヴ・グループ、“アナセマ(Anathema)”2年ぶりのニュー・アルバム!

アナセマ『ディスタント・サテライツ』
◎1992年にデビューした(90年結成)アナセマ(Anathema)は同レーベルのマイ・ダイイング・ブリッジ(My Dying Bride)やパラダイス・ロスト(Paradise Lost)と同じく、当時流行だったゴシック・メタル・バンドとしてスタート。その後オルタナ/ポスト・ロックへ移行。紆余曲折を経て2008年にポスト・モダン・プログレの旗手として知られるポーキュパイン・トゥリー(Porcupine Tree)のスティーヴン・ウィルソン(Steven Wilson)主催Kscopeより作品をリリースしていく。当然、サウンド的にも同レーベルのプログレ色を強めていくが、現在はインテリジェント・モダン・プログレッシヴと称される。本作は、フロイディッシュなアトモスフェアをサッド系ポスト・ロック的サウンドスケープで纏め上げた名盤『We’re Here Because We’re Here』(10年)、オーケストラルな『Falling Deeper』(11年)、『Weather Systems』(12年)、ライヴ盤『Universal/Untouchable』( 13年)に続く新作。サッド・コア~メランコリック・メロウな作風は変わらないが、ややインダストリアル/音響系の要素も孕んだサウンドスケープを構築。初回限定盤は5・1chサラウンドを収録したBlue-ray Audio ディスクを追加。[祖父尼 淳/SD176]

Anathema – The Lost Song part 3 (FULL TRACK) (from Distant Satellites)

Official Website:
http://www.anathema.ws/
http://www.kscopemusic.com/