2014年6月16日

スキャッフォルドの“マイク・マクギア”と“ロジャー・マッゴー”がマクギアの実兄ポール・マッカートニーの協力を得て完成させた1968年のアルバム『McGough & McGear』!

◎スキャッフォルド(Scaffold)のロジャー・マッゴー(Roger McGough)とマイク・マクギア(Mike McGear)のデュオ名義で1968年にリリースされた作品のリイシュー。2曲のボーナス・トラックが追加収録された紙ジャケット仕様となっている。当時もひっそりとリリースされ、オリジナル・アルバムの市場価格は、エライことになっているこの作品、デュオ名義にはなっているものの、実のところはマイクの兄であるポール・マッカートニー(Paul McCartney)が実質的なプロデューサーとなったスーパー・セッション・アルバムであり、ポールやジミ・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)、デイヴ・メイスン(Dave Mason)、グラハム・ナッシュ(Graham Nash)ら錚々たる顔ぶれが録音に参加しているという(それぞれの契約があるため、クレジットはされてない)。当然、完成度よりも勢い重視で粗っぽく仕上げられているのだが、長く英国ポップの秘宝として知る人ぞ知る存在だった作品だ。誰もが気に入るという内容ではないけど、一度は聴いてみて。 [鈴木 祐/SD176]

Official Website:
http://mikemccartneyofficial.tumblr.com/
http://www.uktouring.org.uk/rogermcgough/