2014年6月25日

アンディ・ラティマー率いる復活キャメルが2013年10月にロンドンで行なった公演の模様を収めた映像作品!

キャメル『イン・フロム・ザ・コールド』
◎これはちょっと涙なしでは見られない。死の淵から生還したアンディ・ラティマー(Andy Latimer)率いる復活キャメル(Camel)の2013年10月にロンドンで行なわれた公演の模様を収めた映像作品。2部構成となっており、話題はなんといっても1部での『スノー・グース(The Snow Goose)』リメイク・ヴァージョンの完全再現。『スノー・グース』が全曲演奏されるのはじつに38年ぶりのことだ。シワの刻まれたアンディの相貌に長年の苦闘と孤高を感じ、魅入らずにはいられないが、そんな勝手な感傷を打ち消すくらいソウルのこもったフレーズのひとつひとつ、一音一音を紡ぎだす彼の姿は感動のひとことだ。ツイン・キーボードでオーケストラ・パートも無理なくアレンジしてみせおおむね見事にアルバムの繊細な世界観を現出して見せてくれる。

2部はキャリアのアラカルトという感じで代表曲がズラリ。個人的にとくに泣けたのは「フォー・トゥデイ(For Today)」での胸の張り裂けそうな哀感に満ちたギター・ソロ。やはりアンディのこのギターは特別だ。そう強く思わされるのである。「レディー・ファンタジー(Lady Fantasy)」での予想外なロッキンぶりにも驚かされる。[廣川 裕/SD176]

Official Website:
http://www.camelproductions.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/camel.latimer