2014年7月9日

“ポール・ギルバート(Paul Gilbert)”の最新ソロ・アルバムがリリースされた!

ポール・ギルバート『幸福なるシジフォス・ストーンプッシングアップヒルマン』
◎やはりポール・ギルバート(Paul Gilbert)は優れたギタリストだ。今回リリースとなる新作はギルバートのオリジナル3曲にカヴァー8曲からなる構成だが、そのカヴァーがエアロスミス「バック・イン・ザ・サドル」やエルトン・ジョン「黄昏のレンガ路」といった有名曲はともかく、ビートルズ「ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード」やポリス「マーダー・バイ・ナンバーズ」といった渋めのナンバーや、ジェイムズ・ブラウンあるいはK.d・ラングといったハード・ロックとは縁遠いミュージシャンを取り上げているからだ。ともすれば陳腐なBGMに陥りがちな名曲カヴァーを、思う存分ギターを歌わせることと、隙さえあれば高速フレーズをブチ込むことによって、ギルバートによる独自解釈の域にまで高めているのは、さすがである。マーク・ポートノイ(Mike Portnoy)とケニー・アロノフ(Kenny Aronoff)という凄腕ドラマー2人の参加が目を引くものの彼らはサポートに徹しており、あくまでも主役はギルバートのギター・プレイだ。ここ数年における彼のギター道を追求する姿勢は、本作で一つの頂点を迎えたといえるだろう。[鬼形 智/SD177]

Official Website:
http://www.paulgilbert.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/paulgilbertmusic