2014年7月30日

“ジェイムス(James)”がティム・ブース復帰後第2作、通算11作目となるニュー・アルバムをリリース!

ジェイムス『ラ・プティ・モール』
◎すでに結成30年を超えるヴェテラン・バンド、ジェイムス(James)がニュー・アルバムをリリースした。マンチェスター出身のジェイムスは、82年の結成だが、90年前後に起こったマッドチェスター・ムーヴメントの頃に発売した「カム・ホーム(Come Home)」と「シット・ダウン(Sit Down)」の2枚のシングルがヒット。この2曲は当時のイギリスの若者たちにとってのアンセムとなり、一躍シーンの中心に躍り出た。2001年、フロントマンのティム・ブース(Tim Booth)が脱退し、バンドは休止状態に陥ってしまうが、2007年、ティムが復帰し活動を再開させた。本作は、フル・アルバムとしては2008年の『Hey Ma』以来約6年ぶり通算11枚目、ティム・ブース復帰後第2作となるアルバムだ。

アルバム・タイトルは、フランス語で“小さな死”を意味し、ティムが最近立て続けに母親や親友という近しい人を失ったことから付けられたという。そんなティムの気持ちが込められた本作は、彼自身を鼓舞するようなエモーショナルでドラマティックな楽曲が多く収録されている一方で、ジェイムスらしい思わず口ずさみたくなるようなキャッチーなメロディも満載だ。[池田聡子/SD178]

James – Moving On (Official Music Video)

Official Website:
http://www.wearejames.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/jamesisnotaperson