2014年8月4日

英国ポンプ・ロックの雄、IQが4年ぶりとなる通算10作目のニュー・アルバムをリリースした!

IQ『ザ・ロード・オヴ・ボーンズ (2CDスペシャル・エディション)』
◎英国で2014年5月5日にリリースされた、通算10枚目のスタジオ作。活動を開始した1981年から33年、マリリオン(Marillion)とともにポンプ・ロックの雄として活躍してきたが、いまだにみずみずしさが感じられるのはシンフォ・ロックの王道からブレなかったからだろう。2009年の前作『フリークエンシー(Frequency)』からピーター・ニコルズ(Peter Nicholls/ヴォーカル)、マーク・ホームズ(Michael Holmes/ギター)以外の3人が替わったが、かつての盟友ポール・クック(Paul Cook/ドラムス)、ティム・エサウ(Tim Esau/ベース)がカムバックしたのはうれしい限り。ニール・デュラント(Neil Durant/キーボード)はジャズ/プログ・バンドのスフェアー3(Sphere3)にいた人物で、テクニックは一級品。メロトロンを多用したシンフォな音創りが大きくフィーチャーされている。ドラマティックな仕上がりの「Without Walls」は19分超の大作で聴き応えがあり、スペシャル・エディションのディスク2はインストゥルメンタルの「1312 Overture」でグイグイ押しまくり、「Ten Million Demons」はちょっとピンク・フロイドっぽい。この夏のIQは7月18日にドイツで行なわれるナイト・オブ・ザ・プログ・フェスティヴァル、8月30日にポーランドで行なわれるINO・ロック・フェスティヴァルに出演する予定。[等々力 侑/SD178]

IQ – The Road Of Bones

Official Website:
http://www.iq-hq.co.uk/
Official facebook:
https://www.facebook.com/IQHQLive