2014年8月19日

現キャメルのキーボード、ギィ・ルブラン率いる“ネイサン・マール”が6年ぶりの新作『ジャスティファイ』をリリース!

◎ネイサン・マール(Nathan Mahl)はキーボード奏者ギィ・ルブラン(Guy LeBlanc)率いるカナダのテクニカル・シンフォ・プログレ・バンド。ギィは2000年以降からキャメル(Camel)で活躍しており、復活作『白雁(スノー・グース)2013年ヴァージョン』にも参加しツアーやDVDにも参加している。そんなギィの本家バンド、ネイサン・マールの6年ぶりの新作『ジャスティファイ(Justify)』がリリースされた。

彼らは1980年にムゼア/コロッサス(Musea/Colossus)のプロジェクト作品に楽曲を提供し1983年にデビュー作『Parallel Eccentricities』をリリース。15年後の1999年に復活作『The Clever Use Of Shadows』をリリース。世界中のファンから注目を集めキャメルへ誘われることになる。それと並行し『Heretik』3部作や『Shadows Unbound』(2003年)、『Exodus』(2008年)をリリースした。新作ではこれまで同様、ネイサン・マールの音楽性をさらに押し進め、イエスやジェントル・ジャイアント、U.K.、キャメルなどに影響を受けたテクニカルなシンフォ・プログレを展開している。アンディ・ラティマー(Andy Latimer)もゲスト参加しているのが嬉しい。[祖父尼 淳/SD178]

NATHAN MAHL – Spirit – from the album Justify

Official Website:
http://www.guyleblanc.com/WWW.GUYLEBLANC.COM/Welcome.html
http://www.unicorndigital.net/