2014年8月29日

名盤『ガーデン・シェッド』を残したイングランドの中心人物、ロバート・ウェッブ初ソロ『リコリッシュ・オールソーツ』!

◎あのイングランド(England)のロバート・ウェッブ(Robert Webb)のファースト・ソロ・アルバムだ。イングランドの名作『ガーデン・シェッド(Garden Shed)』(※下段写真)が発表されたのが1977年。あれから37年の時が刻まれたが、結成以前の1973年から今年までの40年以上、コツコツと録りためてきた小作品を、“オールソーツ”のタイトル通り、キャンディの詰め合わせのようにぎっしり詰め込んでいる。

イングランドはイエスやジェネシスの影響を受けた大仰なプログレだったが、こちらは肩の力を抜いたごくごくプライヴェートな仕上がり。ウェッブの優しさが伝わってくる。欲をいえば、もっとメロトロン・マイスターぶりを発揮してもらいたかったが。70年代前半の音色は当然のごとく、ビートルズ風味付け。エレクトリック・ライト・オーケストラの匂いもする。プログレ・ファンの気持ちが高ぶるのは、最近になって作られた「Limoncello」や「The Ladies’ Valley」。アニー・ハズラムに唄わせてみたい「The Ladies’ Valley」は英国伝統のたおやかさを感じさせる佳曲だ。ウェッブは最近もフィンランドのプログレ・トリビュート・バンド、ザ・サムライ・オブ・プログ(The Samurai Of Prog)のアルバムに参加したり精力的なだけに、再来日なんてことも? [等々力 侑/SD179]

Album: England『Garden Shed』Arista / ARTY 153 / 1977

Official Website:
http://www.seacrestoy.com/robert_webb.8.html#ROBERT%20WEBB
http://www.gardenshedmusic.com/