2014年9月4日

英国新鋭プログレッシヴ・ロック・バンド、ナイフワールド(Knifeworld)が最新作『ジ・アンレヴェリング』をリリース!

◎ナイフワールド(Knifeworld)は英国の新鋭プログレッシヴ・ロック・バンドで、ギタリスト兼ヴォーカリストであるイラン出身のカヴス・トラビ(Kavus Torabi)が率いている。彼は元モンスーン・バスーン(The Monsoon Bassoon)、カーディアクス(Cardiacs)、グゥアポ(Guapo)に在籍し、ゴング(Gong)等とも活動している新進気鋭のミュージシャンである。2009年にこのプロジェクト的なバンドを結成し、『Buried Alone – Tales Of Crushing Defeat』をリリース。

リコーダー、サックス、クラリネット、フルートなどの管楽器奏者2人を含む10人編成が繰り出すジャンルの壁を超えた個性的なサウンドで注目を集める。本作『ジ・アンレヴェリング(The Unravelling)』は2014年にリリースされたセカンド・アルバムで前作よりさらに進化したプログレ・サウンドとなっている。バスーンやサックスなど管楽器奏者3人を含む8人編成でヴァイオリンや女性ヴォーカルなどのゲスト奏者を迎えて、より表現力を増した深みのあるサウンドとなっている。キャッチーでありながらアヴァンな要素を感じさせる斬新さは、21世紀のプログレッシヴ・ロックの新しい形でもあり、新たな時代を切り開く興味深いバンドとして期待される。[祖父尼 淳/SD179]

Knifeworld- Don’t Land On Me

Official Website:
http://www.knifeworld.co.uk/
http://knifeworld.bandcamp.com/