2014年9月26日

スウェーデンが誇るプログレ・メタル・バンド、オーペス(Opeth)待望の最新作『ペイル・コミュニオン』!

◎スウェーデンのプログレ・メタル・バンド、オーペス(Opeth)3年振りとなる新作『ペイル・コミュニオン(Pale Communion)』は、プロデュースも務めたフロントマンのミカエル・オーカーフェルト(Mikael Åkerfeldt)の言葉によれば、とにかくメロディアスであることを追求した作品。2年前にストーム・コロージョン(Storm Corrosion)でタッグを組んだポーキュパイン・ツリー(Porcupine Tree)のスティーヴン・ウィルソン(Steven Wilson)がミックスを手がけており、スティーヴンが「飽きた」と漏らしていた、オーセンティックな音作りだった頃のポーキュパインを彷彿とさせる滑らかなメロディが随所にちりばめられている。大作志向であることに変わりはないが、デスメタルとプログレの養分を中和させていく彼らならではの構成美は薄まり、よりプログレ・ファンの耳に馴染む作品となった。アヴァンギャルドであるためのアプローチを、エクストリーム・メタルではなくアコースティックのアプローチで導き出していく、シンプルな音が作る深度に浸らせる力作である。レコード・コレクターとしても知られるミカエル、来日時には少しでも長い間レコード屋に入り浸るために取材を早めに切り上げるほど。“蒐集ついで”の来日公演に早くも期待。 [武田砂鉄/SD180]

Opeth – Moon Above, Sun Below (Audio)

Official Website:
http://www.opeth.com/