2014年11月23日

「空想音楽博物館 VOL.7」に“マーガレット・マギー”登場!:グリフォンを想い起させるアルバム『塔(TOWER)』!

TOP_TOWER
オンラインストア
アマゾン

◎ストレンジ・デイズ編集長、岩本晃市郎が不定期で開催するプログレ・トーク&音楽イヴェント「空想音楽博物館」の第7回目が2014年12月4日(木)に行なわれます。前回の第6回目が2013年4月5日でしたから、何と1年8ヶ月振りとなる開催です(次回は何時になるか分からないので、お時間がありましたら覗いてみて下さい)。今のトークは2014年注目のプログレ・バンドを映像+音で紹介します。音楽ライヴの方は現在多方面で話題になっている、中世音楽とロックを融合させた独自の音楽観を貫く、マーガレット・マギー(Margaret Maggie)。日本のジェントル・ジャイアント、あるいはグリフォンと呼ばれる彼らのステージは必見!! ※ここでは、今回のゲスト・ライヴで出演するマーガレット・マギーについてご紹介いたします。

■マーガレット・マギー・プロフィール
●メンバー:
大津丞治 (ギター、メロトロン、リコーダー)
萩山吟(ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ)
山本真也(ドラム、パーカッション)
畑花菜(キーボード、ピアノ)
堀切佑太郎(ベース)

●2008年に東京で結成されたヴァイオリン・インスト・バンド。古楽、ケルトなどの民族音楽やトラッド音楽、プログレッシブロックに影響を受け、リコーダーやヴィオラ・ダ・ガンバを用いたアコースティックな演奏から、バンド編成の猛々しい演奏まで幅広い楽曲を聴かせる。2012年にゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」のTVCM曲に「錆びついた機械文明」「枯れ庭」を提供。また2013年にはオンラインゲーム「進撃の巨人 反撃の翼」のサウンドトラックを担当。2014年には2ndアルバム「塔」を発売。

■アルバム:『塔(TOWER)』(※右上写真)
◎かなりの頻度で目にする「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」のTVCM曲に“なんかチェンバー・ロックっぽい?”と感じたプログレッシヴ・ロック・ファンは少なくないのではないだろうか。実はパズドラTVCMのサウンドトラックを手がけているのは、古楽/トラッドの要素を持ちヴァイオリンをフィーチャーした日本のマーガレット・マギーというバンドで、彼らはアルバムをリリースしていたのだった。本作は2010年リリースのミニ・アルバムから4年ぶりとなるセカンド・アルバムで、パズドラCM曲に加えてオンライン・ゲーム「進撃の巨人-反撃の翼」サウンドトラックのタイアップ曲とオリジナル・ナンバーを収録した全10曲。古楽といっても退屈なアコースティック音楽ではなく、躍動感あふれるドラミングを土台としてヴァイオリンやリコーダーやキーボード群が込み入ったフレーズを颯爽と演奏していくというスタイルで、プログレ・ファンならばグリフォンやユニヴェル・ゼロを想い起こすだろう。高速フレーズの熱気を冷ますメロトロンの響きなど、センス良い音色選択にも注目したい。[鬼形 智/SD176]

Official Website:
http://margaretmaggie.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/pages/Margaret-Maggie/267858779921596


作品タイトル:塔(TOWER)
アーティスト名:MARGARET MAGGIE
発売日:2014年4月23日
メーカー/品番:フィリップ・ロイヤル・レコーズ / PRR002WS
[CD]
トラックリスト:
1.太陽の影 / 2.戯れ / 3.太平洋 / 4.フィリップ小心王 / 5.華麗なる野蛮人 / 6. 錆びついた機械文明 / 7. 薄氷 / 8.ロシア / 9. 赤カブ品評会 / 10.枯れ庭


[空想音楽博物館 VOL.7 ]
◎出演【ゲスト・ライヴ】Margaret Maggie
【トーク&司会】岩本晃市郎(ストレンジ・デイズ編集長)

◎日程:2014年12月4日(木)
○会場:表参道グラウンド
○開場/開演:19:00 open/20:00 start
○料金:前売・3,500円/当日・4,000円(ともに税込・ドリンク代別)
※入場の際にドリンク代¥500を頂きます。
○チケット取り扱い(発売中!)
・ローソンチケット:0570-084-003 http://l-tike.com/ (Lコード:79144)
・GROUNDメール予約:info@omotesando-ground.jp
※(タイトル:空想音楽博物館/本文:日程/公演名/希望枚数/氏名)を明記の上、送信して下さい)