2014年11月25日

ベース/ヴォーカルとドラムという変則編成グループ、ロイヤル・ブラッドの衝撃ファースト『Royal Blood』!

◎ベース/ヴォーカルのマイク・カー(Mike Kerr)とドラムのベン・サッチャー(Ben Thatcher)のみで驚異的な音圧を作り出す異色ロック・バンドがデビュー。クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(Queens Of The Stone Age)やホワイト・ストライプス(The White Stripes)に通ずるダイナミズムを感じさせるが、何よりこの超特殊な編成が作り出す、大きな塊が迫ってくるかのようなグルーヴ感が快感。

3台のアンプを駆使してあたかもギターのような音を出すことに成功しているベース、うねりながら突き進んでくる中に潜むメロディ・ラインが格別の中毒性を持っている。2012年に結成、2013年に発表したシングルが話題となりアークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)のサポートなどを務めてきた彼ら。ヴォーカルにそれこそジャック・ホワイト(Jack White)のような色気が濃厚に宿っているのも聴きどころ。最少ユニットが底なし沼のように引きずり込むグルーヴ感にただただ圧倒。ライヴにも定評ありとのこと、観たい![武田砂鉄/SD181]

Royal Blood – Come On Over (Official Video)

Official Website:
http://royalbloodband.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/RoyalBloodUK