2015年1月19日

ピンク・フロイドのエンジニア、“アンディ・ジャソン(Andy Jackson)”が初ソロ『Signal To Noise』をリリース!

◎ピンク・フロイド(Pink Floyd)を長年にわたってサポートしてきたエンジニア、アンディ・ジャソン(Andy Jackson)の初のソロ・アルバム。英チェリー・レッド傘下で数多くのプログレッシヴ・ロック作品の再発を手がけるエソテリック(Esoteric Antenna)が、現在のプログレ・シーンを伝えるために設立したアンテナからの発売(注目のサンギン・ハム、ライフサインズも在籍)。アルバムにはところ狭しとフロイド的なサウンドが詰め込まれ、いかに彼がフロイドから影響を受けたかがわかる。また、伸びのあるギターやリヴァーブを効かせたサウンドは数多のフロイド・フォロワーを飛び越えて、デヴィッド・ギルモア(David Gilmour)のソロ・アルバムに近い印象を与える。

20年ぶりの新作となる『永遠:TOWA(The Endless River)』を発表したフロイドとほぼ同時にリリースされた本作からは、今後、アンディがアラン・パーソンズ化するのではないかと予想するリスナーもいるが、アラン・パーソンズ(Alan Parsons)と大きく異なるのは彼が一人で楽曲制作をすることだろう。アンディの活動の集大成か、それとも自身のプロジェクトのスタートとなるアルバムか。ピンク・フロイドとテクノロジーの進化が生み出した一枚。[岩本晃市郎/SD183]

Andy Jackson – The Boy In The Forest

andy jackson talks about signal to noise

Official Website:
http://andyjacksonmusic.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/AndyJacksonOfficial