2015年1月21日

E・コステロ、マーカス・マムフォードらによるスーパー・プロジェクト、“ザ・ニュー・ベースメント・テープス”!

ザ・ニュー・ベースメント・テープス『ロスト・オン・ザ・リヴァー』
◎たぶんアーティスト名だけ見てピ~ンと来た人もいるだろう。ボブ・ディラン(Bob Dylan)の『地下室(The Basement Tapes)』完全版がリリースされたのと同じタイミングで発売された本作『ロスト・オン・ザ・リヴァー(Lost On The River)』。『地下室』制作時に書かれていたという未発表の詞に、新たに曲をつけるというプロジェクトで、監修にあたったのはこの人しかいないでしょ、のTボーン・バーネット(T Bone Burnett)。エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)にマーカス・マムフォード(Marcus Mumford/※マムフォード&サンズ)、ジム・ジェームズ(Jim James/※マイ・モーニング・ジャケット)、リアノン・ギデンズ(Rhiannon Giddens/※キャロライナ・チョコレート・ドロップス)らが主体で、英米の混成プロジェクト。基本的には彼らが書いた曲(共作もあり)を自身のリード・ヴォーカルで(一部例外はあり)歌うというもの。演奏は全員で賄っている。26歳時のディランを想像しながらみんな思い思いのサウンドに仕上げているが、フォーク、ジャズ、ソウルと広がる曲想もディランならば、と納得。[廣川 裕/SD183]

Lost Songs: The Basement Tapes Continued | Official Trailer (2014)

The New Basement Tapes – Nothing To It – Lyrics by Bob Dylan & Lead Vocals by Jim James

Official Site:
http://www.thenewbasementtapes.com/
Official facebook:
https://www.facebook.com/thenewbasementtapes